シニア犬の健康維持

シニア犬の健康維持

犬イメージ

最近は飼育環境の向上や医療技術の進歩により、ペットの寿命は延びており、犬においては平均年齢が14歳を超えるようになりました。
若いときとは違い、飼い主さんがシニア犬ならではの配慮をしてあげる必要が出てきます。

疑問そもそもシニア犬って何歳から?

一般的には8歳を超えた頃からシニア犬として扱われるようになりますが、それまでの幼犬期や青年期とは異なる、シニア犬ならではの特別な配慮が必要になってきます。

年齢と共に様々な機能が低下。例えば・・・

犬イメージ

犬も人間と同じように、年をとるにつれて、けがをしやすくなったり、内蔵の機能が低下したり、また代謝も次第に低下してきます。
そのためシニア犬の健康管理を考えた場合には、若い頃と同じような食事や運動では、健康状態を維持することが難しくなり、場合によっては子犬よりも注意が必要になります。

家族に迎えた以上、一日でも健康で、長生きして欲しいと思うのは誰しも同じ!

食事シニア犬におすすめな食事って何だろう?

犬イメージ

シニア期に入ると、シニア犬用ドッグフードを食べさせる飼い主様が多くなります。
確かに若いころに比べれば、シニア犬は筋肉量や運動量が少なくなり代謝が落ちる為、必要とするエネルギー量も少なくなります。

またシニア犬は腎臓も徐々に衰えてくるため、メインとなるタンパク質を動物性から植物性に変更したり、シニア犬用ドッグフードや低タンパク食にするケースが多々見られます。

弊社で最も多いご相談が、シニア犬用ドッグフードを食べて、足腰が弱くなりました。
というご相談です。

大切な愛犬の食事ですから、表示に惑わされることなく、しっかりと吟味して下さい。
また徐々に消化器も衰えますので、ドッグフードの量が少なくても、しっかりと栄養を摂取できるドッグフードをお選びください。

お勧めシニア犬にお勧めの商品





鹿肉 麹熟成

鹿肉を麹で熟成させることで、消化に負担をかけないように配慮しています。
また熟成させる事で、旨みもアップ。固さはベーシックよりも、やわらかいです。


 

鹿肉 ベーシック

鹿肉をベースにしたスタンダードフードです。
食欲旺盛なワンちゃん、量が必要な大型犬のワンちゃんに!



 

鹿肉 ウェット

ウェットタイプの総合栄養食です。ドライフードを食べないワンちゃんの為に作りました。
手作りフードのような素材の風味と食感をご堪能頂けます。





月のしずく(飲料水)

老化とは、体の水分が保持しにくくなる状況でもあります。
またシニアになるほど、水を飲まなくなりますが、結石予防や腎臓を良い状態に保つためにも、新鮮なお水を与えて下さい。



 



   


合わせておすすめ


 ドッグスタンスとは  ドッグスタンスの特徴
 原材料について  製造工場のこだわり
 お客様の声  よくある質問

↑このページの先頭に戻る
無添加ドッグフード 麹熟成お試しセット 続けるなら断然お得な定期購入 ドッグスタンス鹿肉ドッグフードの選び方 ドッグスタンスが穀物を使用する理由 うちの子自慢 写真募集
  • ご相談ください
  • お客様の声
  • わんきち プレゼントクイズ
  • ワンちゃんに関する情報発信
  • 愛犬の悩み辞典
  • DOGSTANCE 公式ブログ
  • DOGSTANCE 公式Facebook
  • 給餌量の目安
  • DOGSTANCE 公式Instagram

SECURED BY RapidSSL 当サイトのショッピングカートはセキュリティで保護されていますので、安心してお買い物ください。

メルマガ会員募集中

スマートフォンでも手軽にショッピング

愛犬との暮らしに役立つ情報サイト

愛犬のお悩み辞典