おやつの選び方

日常生活において、健康に過ごすためのポイントとして、おやつ選びは非常に重要です。

実は動物病院では、「おやつを食べて30分~数時間後に震えがきて具合が悪くなった」というご相談がとても多いのです。

小さな具合の悪さでも、何度も続くことによって老化が促進されたり、身体にダメージを受けます。そのため、このような小さなことにも具体的な指針を持って対処することが重要になります。

どのような おやつが良いのか?ということよりもどのような おやつを食べさせないのか?ということの方がとても重要になります。

何故ならば、ワンちゃんは良い食物を食べて元気になるよりも、悪い食物を食べて急激に具合が悪くなることの方が多いからです。

私たちも、体に良い物を食べて体が楽になる事を実感するよりも、腐ったものや細菌などに汚染されたものを食べて急に具合が悪くなることの方が、実感し易いと思います。

おやつを選ぶ時は、「いかに悪いものが入っていないものを選ぶか」が重要になります。以下にその代表例をあげておきます。


「プロピレングリコール」を含む、おやつを食べて具合が悪くなるケースは多いです。「プロピレングリコール」とは、人でも最も多く使用される食品添加物の一つです。

保湿性とカビを防ぐ効果があるため、食品以外にも化粧品、シャンプー、歯磨き粉、医薬品など私たちの日常生活にも馴染みがある添加物です。

毒性は低いので、人の食品などにも使われていますが、ワンちゃんの体は、グリコールに含まれる炭化水素を解毒する力が弱いと言われています。

他の多くのワンちゃんが大丈夫であっても、急激に具合の悪くなってしまうワンちゃんもいます。私たち人間もそうですが、ワンちゃんも常に元気な時ばかりではなく、落ち込んだ時や辛い時、ストレスが溜まっている時など、普段より体の解毒能力が落ちることもあります。
状態で体調の悪い時は、通常であれば大丈夫なものでも体が悪い方に傾くこともあります。商品の裏ラベルの原材料に「プロピレングリコール」が記載されていないものをお選び下さい。


「プロピレングリコール」の次に避けて頂きたいのは「グリセリン」という成分です。「グリセリン」には、石鹸の製造途中で出てくる植物由来の「グリセリン」と、石油から作った「グリセリン」があります。残念ながら、裏ラベルを見ても、植物由来なのか、石油由来なのか、の表記はありませんので、何由来なのかが分からないのです。(弊社製や一部のメーカーのものは表記があります)

表示から判断できない場合は、グリセリンを使用したものは、なるべく避けるほうが無難です。植物由来のものは、石油系よりも高いので、「値段の安い石油系が使われやすい」という事になります。


見た目が美味しそうに見えるように、多くのものは色素をつかっています。色素には、天然色素もありますがタール系のものもあります。

タール系石油系の色素は、過去に発がん性や有害性が見つかっています。また海外では、これによりアレルギーが発生するのではないか?と指摘されています。実際には、どのくらい有害性があるのか分からない部分があるのですが、安全を期する場合には「赤色何号」というものは避ける方が良いでしょう。

棚に並んだ多くのおやつの中から選ぶ時、赤く発色している物の方が飼い主さんには美味しそうに見えるかもしれません。しかし、見た目ではなく、出来るだけ自然な物を選ばれた方が、ワンちゃんにとっては良いと思います。


小麦、トウモロコシ「グルテン」や「トウモロコシ」を含め、アレルゲンとなるので、控える方も多い原材料です。 さらに2007年にアメリカで中国産のコーンミールを使ったフードを食べたワンちゃんや猫ちゃんがが、腎不全で亡くなる事件がありました。フードの中に「メラミン」が混入していたそうです。

プラスチックを製造する際にも利用されることのあるメラミンは、蛋白質として反応するため、蛋白量が上がったように見えます。これにより免疫異常などが起きることもあります。

 パッケージでは、素材の原産国を確認することが出来ませんので、メーカーにお問合せ頂くか、避けて頂いた方が良いでしょう。



<まとめ>
このように石油や石炭系の原材料には、病気と診断されなくても、体が震えたり吐いたりするなど、一時的な不調になることがあります。

また実際に中国産のおやつや中国から入ってきている原材料(小麦・トウモロコシ・グルテン・コーンミールなど)によって、実際に腎不全などの異常が起こっています。

このような危険が潜んでいますので、プロピレングリコール・石油系グリセリン・石油系色素・中国産の製品・汚染の起きやすい低価格の穀類を使っているものは、出来れば愛犬のおやつの選択肢から外して頂くと良いと思います。



鹿肉ジャーキー「赤身」

鹿肉のもも肉をそのままジャーキーに。
ワンちゃんが飛びつきます。


 

鹿肉ジャーキー「チップ」

鹿肉を食べやすいチップサイズにしました。
おやつや、しつけにちょうどよいサイズです。

 

鹿肉ジャーキー「黒レバー」

栄養素の貯蔵庫でもあるレバー(肝臓)を丁寧に調理。
ワンちゃんの嗜好をそそる香りです。シニア犬や産前産後にもおすすめです。



鹿肉ジャーキー「赤身」

ヒトの皮膚炎の予防・改善やワンちゃんの皮膚ケアにも使われている「はと麦」をクッキータイプで美味しく手軽に。


 
 
 
鹿肉ジャーキー(赤身)ホリスティックトリーツ
鹿肉ジャーキー(赤身)
\997円(税込)

鹿肉のもも肉をそのままジャーキーに。ワンちゃんが飛びつきます。

 

鹿肉ジャーキー(チップ)ホリスティックトリーツ
鹿肉ジャーキー(チップ)

\997円(税込)

鹿肉を食べやすいチップサイズにしました。おやつや、しつけにちょうどよいサイズです。

  DOG STANCDS鹿肉ベーシックお試し用DOG STANCDS
鹿肉ベーシックお試し用

\950円(税込)

犬の立場で考え、作った鹿肉ドッグフード

  DOG STANCDS鹿肉 麹熟成 お試し用DOG STANCDS
鹿肉 麹熟成 お試し用

\980円(税込)

特にシニア犬にお薦め!肉を麹の酵素で熟成したので、ベーシックに比べ、さらに美味しく食べやすくなりました。


 ドッグスタンスとは    ドッグスタンスの特徴
 原材料について    製造工場のこだわり
 お客様の声    よくある質問

↑このページの先頭に戻る
無添加ドッグフード 麹熟成お試しセット
続けるなら断然お得な定期購入
ドッグスタンス鹿肉ドッグフードの選び方
ドッグスタンスが穀物を使用する理由
うちの子自慢 写真募集
メルマガ会員募集中

スマートフォンでも手軽にショッピング


愛犬との暮らしに役立つ情報サイト
愛犬のお悩み辞典