Q 無添加で、食べ続けてくれる餌を探しています。ドッグスタンスを食べてくれるでしょうか
A

Q.

1歳のトイプードルです。

いろいろな餌を試していますが、しばらくすると飽きて食べなくなります。

与えても食べなく、胃液を吐くまでお腹が空いても、飽きたり気に入らない餌は食べないんです。

無添加で、食べ続けてくれる餌を探しているのですが、ドッグスタンス鹿肉を食べてくれると嬉しいのですが・・・。

 

 

A.

ドッグフードは栄養価とバランスを考えられた、ワンちゃんにとってバランスの取れた

良い食べ物です。

 

しかし「食が細くなった」「ドライフードを中々食べてくれない」というお悩みを抱える

飼い主様が多いのも事実です。特に0歳~2歳のワンちゃんに多く見られます。

 

これはなぜ起きるのでしょうか?原因はいくつかあると思いますが、特に多い原因を

以下にまとめました。 

   特に0歳から1歳に多いのですが、成長に必要な栄養素が沢山は必要無くなった

   人の食べ物の味を覚えてしまったので、食べない

   家族と同じ食べ物を食べたい!という心の欲求

 

  の場合

ワンちゃんも祖先はオオカミでした。野生の中で生き抜くためには、早く独り立ち出来るように体を成長させる必要があります。

その為、生後半年ぐらいで精神構造や肉体は成犬に近くなります。

6ヶ月から8ヶ月目に、乳歯が抜け、子供の立場から青春期に入り、体の基礎が完成します。ここまで急激に成長するので、その分エネルギーも必要になり食事もよく食べます。

8ヶ月以降は、急激な成長が終わり、あとは緩やかな成長期になります。

体の中にエネルギーを蓄えられるようになるので、ワンちゃん自ら少し食べる量も減らすのです。特に0歳から1歳の場合、このタイミングを見て、「食が細くなった」と思う飼い主様が多いのです。

ワンちゃんの場合は、食べないことよりも食べ過ぎることで、問題が起きてしまいます。

ですからこのタイミングで、食べる量が少なくなるのは、体調面を考えれば良いことです。

②の場合

「人が食べる食を与えないでください」と獣医師様やペットショップ様からアドバイス頂いた事はないでしょうか?

でもせがまれるとついついあげてしまったりしますよね...。

人のご飯の味はワンちゃんにとっても美味しいもの。

DOGFOODだけを食べられれば良いのですが、一旦味を覚えてしまうと、80%のワンちゃんは必ず食べなくなります。

乾燥したドライフードを食べたくないワンちゃんは、「食べないよ」という事を飼い主様にアピールし、食べ物を貰おうとします。

この駆け引きを人のご飯の味を覚えた子はほとんどします。

ワンちゃんは社会動物なので、人間の行っていることがよく分かります。

また今は室内で生活する割合が高いので、鼻の良いワンちゃんは今日は何を食べるのか、しっかり分かってしまいます。

さらにこの時に、人と同じ美味しいものを食べたい!という欲求以外に、「家族と同じものを食べたい!」「仲間はずれはイヤだ~!」という気持ちになるワンちゃんもいます。

人の食べ物を食べたい!と思って、DOGFOODを食べないワンちゃんもいますが、自分だけ食べれない、仲間ハズレにされるのが嫌で、頑張って食べないワンちゃんの全体の6割ぐらいいるでしょう。

この時、我慢比べとばかりに、かたくなにDOGFOODだけを与え続ければ、しぶしぶ食べるでしょうが、表情は良くないでしょうね。

それにほとんどの場合、飼い主様(ご家族)から先に折れてしまうでしょう・・・。

②③のような理由でドライフードを食べない場合、ドライフードに人の食事をトッピングのようにほんのちょっと混ぜてあげるのも一つです。

少量ならバランスを崩す事はないと思います。(但しワンちゃんが食べてはいけない食材はダメです)

そうすると僕も家族でおんなじものを食べている。と気持ちが落ち着きます。

大切な家族との幸せな時間。ここに来れてよかったなと思える、時間を長く維持して頂きたいと思います。

 

 

またスタンダード・プードルは泳ぎが得意で、もともと鳥猟犬として飼育されていました。

ですのでプードルの歴史には、長く鶏肉を食べてきた流れがあり、ささみのボイルと煮汁を若干加えてあげたほうが、快活になります。

 

またプードルは頭が良い犬種です。

やはり飼い主様と駆け引きをする子も多いのです・・・。

 

工夫は必要ですが、美味しく食べてくれると私たちも嬉しいです。

カテゴリ:


無添加ドッグフード 麹熟成お試しセット
続けるなら断然お得な定期購入
ドッグスタンス鹿肉ドッグフードの選び方
うちの子自慢 写真募集
メルマガ会員募集中

スマートフォンでも手軽にショッピング


愛犬との暮らしに役立つ情報サイト
愛犬のお悩み辞典