Q 高齢犬、シニア犬の給餌量について
A

Q

今までドッグフードはシニア用ドッグフードを食べてきました。

ドッグスタンス鹿肉に代えたいのですが、カロリーはシニア用ドッグフードに比べると高めです。給餌量は少なくした方がよろしいでしょうか?

 

 

A.

一般的にシニア犬用のフードは、カロリーを少なめにしています。


これは若い頃に比べて筋肉量減り代謝が落ちたり、運動量が少なくなったりするためです。

また消化機能も徐々に落ちる為、消化に負担のかからないように原材料や製法にも工夫しています。


しかしこのカロリーを抑えるために、多くのシニアフードは穀物過多する場合が多く、犬にとって重要な

動物性たんぱく質が少ない場合があります。


提携の獣医師様の見解では、シニア犬用のドッグフード食べることで老化が進む場合が多くみられています。

ですのでシニア犬の場合は、DOGSTANCE鹿肉のような良質な動物性たんぱく質が入っているものを選び、体型見ながら量を加減して頂くことをお勧めいたします。

 


基本給餌量はこちらから計算することが出来ます。

http://www.dogstance.com/ryo/?003



============================ 

また犬種や年齢によっても食べさせ方のポイントがあります。 

============================ 


もし食べさせ方に不安があるようでしたら、 

お気兼ねなくご相談下さい。 

 

========================== 

ドッグスタンス ご相談ダイヤル TEL:0120-40-1387 

(受付時間 月~金 10:00~17:00 土日祝休) 

========================== 

カテゴリ:


無添加ドッグフード 麹熟成お試しセット
続けるなら断然お得な定期購入
ドッグスタンス鹿肉ドッグフードの選び方
うちの子自慢 写真募集
メルマガ会員募集中

スマートフォンでも手軽にショッピング


愛犬との暮らしに役立つ情報サイト
愛犬のお悩み辞典