Q 15歳の愛犬で、病気の為食欲がありません。このような子でも食べられますか
A

Q.15歳の愛犬で、病気の為食欲がありません。

食べるものをいろいろと変えながらを食べさせていましたが、固形物を受け付けなくなり、牛乳や栄養価の高い飲物などを与えています。

後ろ足が弱くなっていましたが、昨日くらいからついに立っていられなくなってしまいました。

このような状態でもそちらのドッグフードを与えることが出来るでしょうか?

 

 

A.固形物を受け付けないのですね。

少量でも食べる事ができるのでしたら、柔らかくしてでも、食べて頂いた方が良いのです。 

お客様の中には、ミールで粉々にして、練り状にして与える方もいます。

嗜好性の問題ではないので、与える場合はやはり工夫してあげる必要があるかと思います。

 

カテゴリ:


無添加ドッグフード 麹熟成お試しセット 続けるなら断然お得な定期購入 ドッグスタンス鹿肉ドッグフードの選び方 ドッグスタンスが穀物を使用する理由 うちの子自慢 写真募集

メルマガ会員募集中

スマートフォンでも手軽にショッピング

愛犬との暮らしに役立つ情報サイト

愛犬のお悩み辞典