0120-40-1387

1021

  • HOME
  • 老犬(シニア犬)の健康維持

老犬(シニア犬)の健康維持

お役立ち情報

老犬(シニア犬)の健康維持

近年、飼育環境や医療の向上、ドッグフードの品質の向上など
もあり、ワンちゃんの寿命は延びています。その一方で老犬
(シニア犬)との向き合い方での問題も起きています。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

最近は飼育環境の向上や医療技術の進歩により、ペットの寿命は延びており、犬においては平均年齢が14歳を超えるようになりました。
若いときとは違い、飼い主さんがシニア犬ならではの配慮をしてあげる必要が出てきます。

質問
そもそもシニア犬って何歳から?

一般的には8歳を超えた頃からシニア犬として扱われるようになりますが、それまでの幼犬期や青年期とは異なる、シニア犬ならではの特別な配慮が必要になってきます。

年齢と共に様々な機能が低下。
例えば・・・

  • 怪我をしやすくなった
  • 内臓機能の低下
  • 代謝機能の低下

犬も人間と同じように、年をとるにつれて、けがをしやすくなったり、内蔵の機能が低下したり、また代謝も次第に低下してきます。
そのためシニア犬の健康管理を考えた場合には、若い頃と同じような食事や運動では、健康状態を維持することが難しくなり、場合によっては子犬よりも注意が必要になります。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

家族に迎えた以上、一日でも健康で、
長生きして欲しいと思うのは誰しも同じ!

ドッグスタンス,DOGSTANCE

今まで元気でも、突然体調を崩したり、検査の数値が高くなったりすることがありますので、若いころよりも、食事や生活に配慮し、健康を維持してあげてください。

重要
シニア犬にお勧めの食事

シニア期に入ると、シニア犬用ドッグフードを食べさせる飼い主様が多くなります。
確かに若いころに比べれば、シニア犬は筋肉量や運動量が少なくなり代謝が落ちる為、必要とするエネルギー量も少なくなります。

またシニア犬は腎臓も徐々に衰えてくるため、メインとなるタンパク質を動物性から植物性に変更したり、シニア犬用ドッグフードや低タンパク食にするケースが多々見られます。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

しかし犬は雑食ですが、
先祖は肉食のオオカミ
血を引いています。
元々肉食の動物だったのです。

そのため、シニア犬になるほど・・・

ドッグスタンス,DOGSTANCE

量は少なくても、今まで以上に
良質な動物性たんぱく質
で、体を補ってほしいと考えます。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

ドッグスタンス,DOGSTANCE

弊社で最も多いご相談が、

シニア犬用ドッグフードを食べて、
足腰が弱くなりました。

というご相談です。

大切な愛犬の食事ですから、表示に惑わされることなく、しっかりと吟味してください。
また徐々に消化器も衰えますので、ドッグフードの量が少なくても、しっかりと栄養を摂取できる
ドッグフードをお選びください。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

お勧め
老犬(シニア犬)にお勧めの商品

  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    鹿肉 麹熟成

    当店1番人気!鹿肉を麹で熟成し、より美味しく、食べやすくなりました。
    少量でしっかりと栄養が摂れます。
    消化吸収力が衰えるシニア犬や食が細いワンちゃんに。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    鹿肉 ウェット

    手作り派も大満足☆
    ヒューマングレードで食いつきも◎
    鹿肉を中心に腸内フローラを整える食材をプラス。
    メインのお食事として、また、ドライフードのトッピングに。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    月のしずく

    温泉水と、無菌の地下水をブレンドした天然100%の飲料水です。
    体内での働きが高く、酵素活性度は200%!!
    良い水で体の内側を整えてください。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    発酵パパイヤ生酵素

    命の薬と呼ばれる青パパイヤを、時間をかけ非加熱で作った生酵素です。
    年齢と共に減少する酵素を補い、腸内から健康体へ。
    一家に1袋常備したい万能サプリです。

    詳細を見る
キャットスタンス

お電話によるご注⽂・ご変更は、お気軽にご連絡ください。

0120-40-1387

10時-21時(年中無休)