0120-40-1387

1021

  • HOME
  • ダイエットさせたい

ダイエットさせたい

お役立ち情報

ダイエットさせたい

飼育環境の変化や運動不足による基礎代謝の低下。高栄養のフード、嗜好の良いオヤツの過食により、犬の肥満が問題になっています。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

犬の飼育は、室外から室内で飼うことが多くなり、生活環境が大きく変わりました。
気温の変化が少なくなり、運動量も低下するため、基礎代謝が低下します。
また、ドッグフード自体の質や栄養価も良くなり、オヤツなどの間食も増えたことで摂取カロリーも増えています。
そのため、犬も人間と同じような、肥満の問題が増えてきました。
このように変化した生活環境の中で、ダイエットを行うには、低カロリーな食事を与えるだけでなく、愛犬の体重管理や健康を守る方法について、正しく知ることが重要です。

疑問
犬の肥満って、どのような状態のこと?

まず犬の肥満とは、どのような状態を指すのでしょうか?
一般には、適正体重の20%を超過すると肥満と言われます。
体に脂肪が過剰に蓄積した状態のことをいい、体重の増加という形で現れます。
犬のダイエットは肥満の度合いが高くなると大変になるので、なるべく早い段階からダイエットに取り組んであげましょう!

適正体重を20%以上超過
すると肥満ですドッグスタンス,DOGSTANCE

ドッグスタンス,DOGSTANCE

原因
犬の肥満の原因は?

  • 1

    過食により摂取エネルギーが消費エネルギーを
    上回る
    場合

  • 2

    運動不足により消費エネルギーが摂取エネルギーを
    下回る
    場合

  • 3

    エネルギー(脂肪)を溜め込みやすい遺伝的要因

  • 4

    去勢や避妊手術、加齢による基礎代謝率の低下

    (避妊・去勢した場合、エネルギー要求量は約25%減少します)

  • 5

    摂取パターンの異常

  • 6

    高脂肪・高カロリー食の摂取

肥満の原因は・・・

つまり・・・

摂取カロリーが消費カロリーを
上回ってしまう場合、

その生活を続けていると
「肥満」になるのです。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

この「肥満の原因」と「肥満によって何が問題になるか?」が、飼い主様にしっかりと認識されていないと、結果として「肥満」になってしまうのです。

問題
犬が肥満になると何が問題なの?

私達人間も同じですが、生命活動に不利益なものや、疾病のリスクが増します。

【肥満が原因となる疾病

糖尿病
糖尿病の原因になる場合もありますし、糖尿病を悪化させる要因となる場合もあります。
高脂血症
血液中のコレステロールや中性脂肪が増え、最悪の場合、動脈硬化や膵炎を引き起こします。
高血圧
血圧が上がると眼や心臓、脳、腎臓など様々な箇所で病気を引き起こす原因になります。
心臓病
心臓や呼吸器の負担が増加します。
脂肪肝
肝臓の周りに脂肪がつき、正常な働きができなくなります。
免疫力低下
肥満は万病の元。体を守る免疫力が低下し、自然治癒力も弱くなります。
運動器系疾患
関節に負担をかけ、関節炎のリスクが高まります。

上記以外にも、暑さに対する抵抗力の低下や、体温調整の障害を生じやすくなる他、皮膚疾患や免疫機能低下などの危険性を高める可能性が示唆されています。

改善
犬の肥満を改善していく方法は?

先天性や疾患からくるクッシング症候群などの症候性肥満以外は、摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っている事が原因ですので、以下の実践が必要になります。

肥満改善の3つのアプローチ

アプローチ 1

摂取カロリーの制限

摂取エネルギーが消費エネルギーを上回っている=「過食」ですので、食事の給餌量を減らすか、低カロリー食などのダイエットフードに切り替える必要があります。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

アプローチ 2

適度な運動

急激な運動量の増加は、動物に負担をかけるため、毎日少しずつ散歩の時間を増やしたり、遊ぶ時間を増やすなど、徐々に活動量を増やすように心掛けてください。

ジャンプなどの縦方向の動きは関節に負担がかかるため、ボール遊びなどのダッシュを行う平行運動がお勧めです。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

アプローチ 3

ダイエットフードを利用する!

一般的なダイエットフードは大別すると、減量用と体重維持用の2種類があります。

減量用は肥満犬が適正体重になるように作られていますが、カロリーがかなりカットされていますので、獣医師の指示に従ってお使いください。

体重維持用は避妊や去勢犬など、太りやすい犬のために作られています。減量用よりもカロリーカット率は低いです。

どちらもフードのカロリーを低くするために、油脂と動物性タンパク質の量を少なくしています。
そのため、毛ヅヤ・毛並みが悪くなったり、筋肉が衰えてしまう場合があります。

ダイエットフードを選ぶ際は、筋力が衰えたりしないように、カロリーを抑えながらも出来るだけ動物性タンパク質がしっかり摂れるフードを選んでください。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

注意
スローダイエットの重要性

グルメなワンちゃんも多くなり、飽食の時代と言われていますが、人間を含む多くの生物は、長い間飢餓の時代を歩んできました。
そのため飢餓に耐えられるよう、エネルギーを身体に蓄積しようとします。
過剰なダイエットは、生存欲求の指令が脳から発信されるため、要求が高くなりストレスの原因となります。無理せず長期的な計画でダイエットしてあげてください。
「1ケ月にいきなり数kg落としたい・・・」
というような考えは、身体の小さいワンちゃんにも、飼い主様にも大きなストレスとなります。
くれぐれも「ダイエットはあせらず長期的に」を忘れずに健康的に減量していきましょう。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

ドッグスタンス,DOGSTANCE

リバウンドしない為には、月5%以下、週1%以下ぐらいが減量の目安となります。(5kgのワンちゃんの場合、月に250gまで、週で50gぐらいまでが減量の目安です)

お勧め
ダイエットにお勧めの商品

  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    鹿肉 ライト

    体重管理が必要なワンちゃん向けの低カロリーフードです。
    高タンパクで低脂肪な鹿肉を中心に、腸内フローラを整える食材をプラス。筋肉と元気をキープした健康的なダイエットに!

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    月のしずく

    温泉水と、無菌の地下水をブレンドした天然100%の飲料水です。
    体内での働きが高く、酵素活性度は200%!!
    良い水で体の内側を整えてください。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    ペプチドスープ

    お出汁のようなスープの香りが食欲をそそる、高栄養・低カロリーの無添加スープです。
    消化吸収力の衰えたシニア犬、食欲低下、食ムラ、水分補給などに!

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    発酵パパイヤ生酵素

    命の薬と呼ばれる青パパイヤを、時間をかけ非加熱で作った生酵素です。
    年齢と共に減少する酵素を補い、腸内から健康体へ。
    一家に1袋常備したい万能サプリです。

    詳細を見る
キャットスタンス

お電話によるご注⽂・ご変更は、お気軽にご連絡ください。

0120-40-1387

10時-21時(年中無休)