0120-40-1387

1021

  • HOME
  • 毛艶を良くしたい

毛艶を良くしたい

お役立ち情報

毛艶を良くしたい

毛艶・毛並みを美しくする
ドッグフードの選び方をご紹介します。

犬の毛艶・毛並みを良くするには、ブラッシングなどのデイリーケアに加えて良質なドッグフードが重要です。

ひと言で「毛艶が悪い」と言っても、毛艶が悪くなる原因は大きく2つあります。
ひとつはブラッシングなどのデイリーケア。
もうひとつが栄養状態が悪いために毛艶が悪くなっているケースです。
前者はお手入れをしてあげれば解決しますが、後者の場合はフードの見直しを考えましょう!

重要
食事で毛艶は変わります!

犬の毛艶は、人間と同様、毎日の食事によって変わります。

毛並みや毛艶は穀物メインのドッグフードから高品質のタンパク質の食事に切り替えることによって、よくすることができます。

犬は雑食とはいえ、祖先は肉食ですので、植物性よりも動物性タンパク質の方が消化や吸収が得意です。

そのため、ドライフードを選ぶ際は、消化吸収のよい高品質な動物性タンパク質で作られていることが重要です。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

ドッグスタンス,DOGSTANCE

ワンちゃんたちには消化吸収の良い高品質な動物性たんぱく質をあげることが重要です!

ポイント
愛犬の毛艶・毛並みをよくするために
脂質も必要

犬の食事で、動物性タンパク質と共に重要な栄養素として、脂質に含まれる必須脂肪酸が挙げられます。

脂質の中に含まれる必須脂肪酸が不足すると、皮膚病にかかりやすくなり、毛艶が悪くなります。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

注意
栄養素の効果と注意点

ただ、脂質中の必須脂肪酸は、炭水化物やタンパク質に比べて、2倍以上のカロリーがあるため、取り過ぎると肥満の原因となるので、良質な必須脂肪酸を効率的に与えることが重要となります。

必須脂肪酸の効果は毛並みや毛の艶をよくするだけでなく、なんと動脈硬化予防、皮膚の調整、抗炎症作用などの働きがあると言われています。

しかし、必須脂肪酸は犬の体内では合成することができないので、食事から摂取する必要があります。

ドッグスタンス,DOGSTANCE

ドッグスタンス,DOGSTANCE

体の内側からケアを行うことで、内側から外見まで健康で美しい毛並みをめざしましょう!

お勧め
愛犬の毛並み・毛づやにお勧めの商品

  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    鹿肉 麹熟成

    当店1番人気!鹿肉を麹で熟成し、より美味しく、食べやすくなりました。
    少量でしっかりと栄養が摂れます。
    消化吸収力が衰えるシニア犬や食が細いワンちゃんに。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    神秘の水 夢

    源泉を無添加でボトリングした、スプレータイプの持ち運べる温泉水です♪
    涙やけなど皮脂性の汚れもキレイに落とせます。
    温泉のパワーを毎日のお手入れに!

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    DHA&EPA

    認知症の予防や偏食、炎症、皮膚トラブルに期待できる、天然マグロ由来のオメガ3系必須脂肪酸です!
    特許技術により、高い吸収率と無添加を実現しました。

    詳細を見る
  • ドッグスタンス,DOGSTANCE

    ペプチドスープ

    お出汁のようなスープの香りが食欲をそそる、高栄養・低カロリーの無添加スープです。
    消化吸収力の衰えたシニア犬、食欲低下、食ムラ、水分補給などに!

    詳細を見る
キャットスタンス

お電話によるご注⽂・ご変更は、お気軽にご連絡ください。

0120-40-1387

10時-21時(年中無休)